インドdeご飯。

「砂漠の夜の夢」

某国へ逃亡して家に帰ってきたら

ベランダの鳩よけネットが
まんまと破かれ、
エアコンの室外機と壁の間に
を生まれていました。

それ風に、一生懸命運んできた乾いた草や木の小枝が
卵の周りを囲っており

目玉焼きに
カップケーキに
ラーメンに

いつも割ってるあの卵。。
なのに処理するのをためらっております。

幸福の象徴、鳩。
新たな命が私の家で芽生えようとしてるなんて
新年早々幸先がいいではないか。

あけましておめでとう、あんこです。
家にボンも正月も関係なかったためか
ずっと正月と御節料理が大嫌いだった、私。

インドに来て学んだこと。
それは祭りたるもの、参加するべし。
一体感というのは人間を豊かにする。
それが一時的であっても祭りに参加してお祝いをするということで
自分の不満とか、さびしさとか、ネガティブなエネルギーをリセットする効果がある。

2014年末はロシアに行きたいとかんがえていたが、Visa手配に日数が足らなかった。
旅行自体へいこうか迷っていた。

が、みなさん、いいですか。

今いかんで、いつ行くよ?
今やらんで、いつやるよ?
極端な話しだが明日死ぬかもしれないのに、もたもたしている場合ではない。

ということで、シンガポール時代の戦友、リーマーとそのだんな様に会いに
中近東の某国へ。
そう、お金持ちの某国へ。

旅の相棒は無二の親友・必殺二枚貝
アミール・カーンの新作映画「PK」で砂漠を見て、いってみたいと思っていたと。
なんとリアルタイムな。
引き連れていざ出陣。

今回はずっとお会いしたかった、あのお方にお会いすることが出来ました。
お顔が見えないお付き合いでしたが
本当に心優しい方で、文字にもその思いがにじみ出る方で何度も励まされました。
たくさんおもてなしをしていただくばかりで、恐縮でしたが
お会いできて本当にうれしく、見ず知らずの私たちを暖かく迎えてくださり
本当に奇跡のようなひと時でした。

某国では

自分たちではいけないような穴場ビーチサイドに
ランチに連れて行っていっていただいたり


ケララ出身のインド人に砂クラフトをつくってもらったり

砂漠いったり

月をみたり

らくだ買ったり

ラジバンダリ!


注:お笑い芸人ダブルダッチさん。
(これがやりたかっただけw)

**********

帰宅してのんびりくつろいでると
Maroon5のDaylightという曲のPVで
人々が自分の嫌いなことを口々に述べていく映像が動画サイトでめぐり出てきた。
その中で黒いベール”アバヤ”を全身につけたムスリムの少女がでてきた。
これもまた、リアルタイム。
彼女のI hate は

”I hate I don’t have choice (私には選択肢がない)”だった。

世界は広い、ムスリムの国々において
女性の人権は無視できない大きな課題であることも忘れてはいけない。

日本ではムスリムについて恐ろしいニュースばかりが先行し
誤解を生まないような基礎知識教育がされない。
現に私がムスリム今日について学校で習ったことは
コーランを読み、ラマダンをし、女性は肌を見せてはいけない、豚を食べない、
なんでもだめな厳しい宗教ということ。

先日ムスリムの女の子が日本で水泳教室に参加したいが
肌を見せれないので着衣したままで参加できないか試みたところ
どこの教室でも断られたというコラムを読んだ。
着衣での水泳をした際の危険性が理由でもあったと思うが
宗教への理解が低いことや偏見が合ったことは否めない。

私が持っていた先入観をドバイは見事に崩した。
ムスリム国の中でも自由な国だという印象を受けた。
(もしくは私の中での自由の定義がここ何年かで変化した)

アバヤを誇らしげに着こなし、美しく目の周りをメイクし
だんな様と仲良く手を繋いで歩く女性も見かけた。
幸せそうだった。
翻ったベールの裾からジーンズとおしゃれな靴が覗いた。

私たちの器の中では「厳しい戒律のある文化」であるが
それを定規に人の幸せは測れないよな。
大変なら、大変なりに、その中での幸せがあるもの。

怒ってばっかりいないで、絶対に毎日をいい加減に過ごさない。

絶対に、です。笑(by りーまー)
今年の目標。

↓インド情報はこちらから。

にほんブログ村

Trip, インドdeご飯。

探偵!インドスクープ『インド人はフランス語を話すときも首をふるのか』in ポンデチェリー


にほんブログ村

第85回アカデミー賞にて
監督賞、作品賞、撮影賞、視覚効果賞の4部門を受賞した
2012年度末話題作、
映画ライフオブパイ(Life of pi)

インド人の少年の漂流記ですが
何と物語の始まりの舞台は南インドにある、
ポンデチェリー(Pondicherry)というフランス領であった小さな町。
なんと

インド人が

フランス語をしゃべって

フランス国籍を持ってるというのです。

そこであんこは思ったのです。

『インド人はフランス語を話すときも
首をふるのか。』笑

気になって夜も眠れなくなったので
そのどうやら
『インドではないインド』
ポンデシェリーにいってみたくなったので
来ちゃいました!

地球の歩き方などにはかなり詳しくバスの乗り方など書いてあるのですが
2013年1月にポンデチェリー空港がニューオープンし、空港までのアクセスなどは
まだ情報が少ないようなので
参考になれば幸いです☆
(1日2本、バンガロールーポンデチェリー間をSpiceJetが運行)

★ポンデチェリーにたどり着くには…..

ポンデチェリーへの交通手段
1:バンガロールから飛行機(50分)およそ2,000ルピー/片道 (3,600円)
2:チェンナイからバス/タクシー(およそ3時間半)
3:バス
4:列車

今回あんこは行きはバス、帰りは飛行機にしてみました☆ 
めざせ、ポンデチェリー☆☆

ちなみにジョニーデップ主演で映画化リメイクもされた
『チャーリーとチョコレート工場』で、
ウィリーウォンカがチョコの宮殿を造ってあげたインドの王子の名前は
ポンデチェリー王子♪といいます☆

では、旅のはじまりはじまり。。。

【バンガロールからポンデチェリーへバスで移動】
飛行機の時間がお昼間発着ということで、今回金曜日の休みが取れなかったので
夜行バスに初挑戦してみました。
日本のWillerほどではありませんがこちらのバスにも座席にいくつかタイプがあり、
普通のエコノミータイプ、座席ゆったり、寝台車(Sleeper)など。
座席や出発時間によって値段は異なります。

今回はSleeperに初挑戦。
実はどういう席かよくわからずに予約。笑
普通に座席表も書かれてるし、

私13日生まれだから13番★

と座席をてっっきとーーーーに指定☆

*****************

【詳細】
所要時間8時間
チケット:810ルピー/片道(1,458円)
予約方法:ウェブサイトなど
今回はMake my tripを使用し、Green line travel (旅行会社)を使用。
http://www.makemytrip.com

1:予約の際にピックアップ地点が選べます。
各ピックアップ地点からミニバスで本体のバスがあるバス停へ移動。

なんとびっくり、遅れると思ったらミニバスは時間通りの22:25きっかりにスタート。インド、やるやん。

2:メインバスに乗り換え

バスの中。。。。

あんこの思ってたのと違う!!!
普通のバスだと思ってたら。。。。

じゃん!

(ハウルの)動く2階建てベッド!!!笑

初公開、あんこの寝床。
私は2階で、棒は落下防止の支え棒w
(ほんとにこの私を支えてくれるか不安な細さw)

ライトとコンセントがあったけど使えなかったよ。。。。

お水とお菓子、ブランケットをゲット☆

車内は清潔でかいかい、ちくちくにならへんかとか
前の人のカレー臭とかしないか
ビビってましたが
快適でした。

今回乗ってみた感想から
インドでスリーパータイプのバス座席を選ぶ際の教訓をシェアしたいと思います。

【教訓】

1:一番後ろは狭いし、収納スペースがないので避けるべし
なんか足下がまゆみたいに、きゅ~って狭くなってるの↓↓
そしてほかの席は荷物かごが壁についてて、その下に足を入れれるように
なっていましたがそれがついてなかったので荷物置く分、スペースがっ!!!

2:1人のときは1人席をえらぶべし(さもなくば知らないだれかと添い寝になる。)

3:もう一度いいます。
2人席は素直にベッドが二つ並んでいて、その間をカーテンで区切ります。
つまりしらない誰かと添い寝です。
イケメンのマハラジャならうはうはですが、イケメンは彼女づれか、多分マハラジャはバスには乗らないので、
1人席が絶対おすすめです。笑

4:1階席を選ぶべし。
2階はのぼりにくいし、落ちる恐怖と高いながらの旅となりますw。
1階の方が衝撃も少ないし(あんこも上下に投げ飛ばされて頭うちまくり、寝てるときにあらぬ悲鳴を上げてしまいました。。。w)、乗り降りもらくちん♪だと思います。

5:ケチらない
これはバスに限らずですが、安全はお金で買うもだと思っています。
ローカルと同じ目線で旅行をしたい!ということなら旅の目的があるので
その通り楽しんで欲しいなと思いますが
ただ単に旅費を安くあげたい!ということであれば
あまり安すぎるクラスはとらない方がいいかもしれません。
その値段にしか乗れないもしくは奮発して乗車するローカル市民もいます。
そこにいかにも金を持ってそうな外国人が乗っていたら
そして夜だったら。。。
万一のこともおこりうるので
自分の目的、予算と安全のバランスを考えて選んでくださいね♪

今回のスリーパーはお尻が痛くならなくてらくちんで、
あんこは一押しでした♪

そして夜があけた7時、
夢のポンデチェリーは私の目の前に現れたのです!!!

到着後はリキシャでホテルまで移動。
ふっかけられますが私はリキシャで10分ほどの宿まで50ルピーでいってもらいました。

つづく。。。(クリックすると次の記事に移動します☆)

Love Life, インドdeご飯。

「インド人とは結婚しないほうがいい」



誰かにしてあげた事は忘れなさい。
していただいた事は感謝して、お返しの心を忘れずに。

あんこです。

今月の頭からふわりふわりと執筆し
2日前に公開したインド人と結婚。
公開しようか実は迷っていた、という裏話。

しょうもない、とおもいつつアップしたのですが
予想をしていなかった共感や
ご意見をいただき反響を頂いた。
みなさん響いて下さってありがとうございます。
ハーモニー。

すんまへんな~、
でもアラサー、独身女、彼氏無し、インド在住
これは避けられない話題でして。

今日はその反響の話。

 


「インド人とは結婚しないほうがいい」

私は基本的にブログは日本語でしか書かないのですが
興味本位で翻訳をかけて雰囲気で読んでくれてる
非日本語話者の読者が少数ですがいます。

心配して声をかけてくれたこんな方がいました。
西洋系の40代女性でインド人男性とご結婚された方。
子供は3人。

文の書き出しは

「インド人とは結婚しないほうがいい」


彼女と周囲の方の経験から

インド人男性は支配的
金銭的にどん欲
暴力的
すぐに家族でわーわー始める
精神攻撃がよくある

などなど、
確かにインドに住んでると、別に結婚してなくても
インド独特の結束の強さからくる

集団攻撃が実在する点は心が疼くほど同意。

経験者の体験談。
そうかそうか~と珍しく真摯に聞いておったのです。

結論は

「だからインド人と結婚するな」笑

だったのですが。

私はよくも悪くも影響されやすいところがあり、
自分で物事を決断できないことがあります。
この方にこういうアドバイスをいただいたときも

やっぱインド人あかんかな。

と思った訳ですよ。

せやけどなんか哲学しちゃったわけです。

アドバイスってあくまでアドバイスであって
全部はいはい、って受け入れていいのかな。

この人の場合はこうだった、
私はこう思う
最終的には

じゃあ自分はどうしたいかを自分で判断しないと行けない。


すごい基本的な事やけどそれが私は出来てない。

アドバイスする方は
よかれと思って?

もちろん自分と同じ道を歩まないような伝え方をしてくると思う。

でもそこで冷静になって
アドバイスの仕分けを出来るようになりたいなとふと思った。
出なければ、人のチョイスに一生振り回されて
自分の判断が出来なくなる。

彼女はお米の国の出身者なのですが
彼女が挙げた問題点て
本国での結婚においてよく取り上げられるし、
暴力においては殺人だって頻発してる。

でもさ

そんなん言い出したら

 

誰とも結婚出来へんやん!笑

日本人は世界で一番セックスレスやし
アメリカ人は離婚率が高いで!

(家族の問題については彼女の言う通りですが、視点を変えれば核家族化が進み、一族としての家族の意味合いが希薄な先進国とくらべると、古き良きカルチャーがまだ受け継がれてるとポジティブにとらえる事も出来ると私は思ってる。)

占いもそうだよね。
私は昨日本当にすごい占い師?さんとさようならをしました。
人のオーラが読める人で
その先に起こる事まで予測してしまうのです。

何かあるたびに

”I know it is going to be happened (そうなるってわかってたんだ)”
といわれる度に

あ、これコントロールされてるわ。

と感じてしまったのです。

アンハッピーになってる自分を見つけてしまいました。


アドバイスに腹をたてる事はない。
それは他の方の意見。
ありがたく、聞かせていただく。

どこまで参考にさせてもらうかは
自分で判断する。

もしそれと真逆の事をして失敗しても
しゃあないと思って前に進めるかが強さの決め手、ってか。

「ああ、せっかく教えてあげたのに
失敗した」

って人から思われたら悔しいって?

私はそう信じて突き進んだ事をほめてあげるよ。
一緒に悔しがったげるよ。
んで一緒に泣いたげるよ。
ほんでまた次の作戦会議したらええやん。

それがほんまの友達なんちゃうか。


なんだか覚え書きみたいになりましたが
ちょっと後日談でした。

Love Life, インドdeご飯。

3:”鉄格子”越しの対面


にほんブログ村

↑バレンタインスペシャル、シリーズ最終章!!!
誰かに思いは伝えたの?
まだまだ時間はありますわよ!!!

*去年の驚愕のインドdeバレンタインブログは下のリンクから↓↓

あめちゃんなのか、チョコなのか。
インド人のあめとチョこの境界線のはなし。

人生はチョコレートボックスのような物である
クライアントさんに買ったチョコレートボックスでアンビリーバボーな出来事が・・・

**********

2014年2月14日バレンタインスペシャル
↓↓
出会い編:不法投棄は恋の始まり
返事編:恋文はカレンダーの裏に。

と言うことで、夜8時過ぎ、家のドアベルがなった。

私の家はカメラなどついていないので
門のところまで行かないと、訪問者が誰なのかわからない。
もともと誰も突然遊びに来るような知り合いも友人もいないので
夜日がくれてからは基本的に出ないことにしている。

しかし、今日の訪問者には心当たりがある。

でもでも~~
おりていって
なんていったらいいかわからんやん?笑
(意外と小心者)

無意識に息も、一切の動きもとめて
家の中で一人、だるまさんが転んだ状態になる。

見つかってはならぬ。
気分はライオンに追いかけられる、
サバンナのシマウマ笑

シマウマは思いつきでベッドルームへ行き、
標的がまだソファーに座ってるか
カーテンの隙間から確認することにした。

座っていればこのピンポンの主から奴は外れる。

ライオンはソファーおらぬ。

と言うことは、

ピンポンの主=ライオンの可
能性

が高まった

2回目のピンポンが鳴った。

露出狂とか
ヤラナイカとかいわれたりとか
はたまたカンナダ語でマシンガンのようにはなされないかとか
そんなことになったらやだな、やだな

怖いもの見たさでメインロード側の窓をぞいた。

あきらめて、サッカーボールだらけの車にのりこむ標的。

そのとき、

車から私の方を見上げた。
目が合った。
もう逃げられないのでご用となったシマウマ。
とりあえず、

手を振って見るw

な~~~~~んか、
書いて見ると
映画みたいじゃないの~~~~~~~~~
ね?

と言うことで家にいることがばれたので
ご対面。

なんだか明るいなゴムマリみたいな人で
門を開けようとしたら、
あ、僕もうすぐでかけるから開けなくていいよ~と。
門を隔てて人とはなしをしていると
なんか動物園のゴリラの気持ちがわかるね。

自己紹介をしながら
好きかわかんないけど~と

インドワイン Shiraz をプレゼントしてくれた。
(これが、また門の隙間からくれるもんだからなんか、
題:”差し入れをもらう、囚人”ってかんじ。) 

私はよく酒豪に思われるのだが
人はみかけによらないとは良く言ったもので
ほとんどのめない。

だがしかし、
このワインのパッケージ、

私がゴアで一目ぼれした
インド人アーティスト Mario Miranda によるイラストではないか☆
彼はポルトガル領時代のインドで活躍したアーティストで
とってもポップで楽しいシーンを描く。

12月にアパートの前でムスリム風の酔っ払いの男性に
Merry Christmas
と声をかけられたことがあった。

私は酔っ払い具合が面白くて、
へへへ、笑い交じりのMerry Christmas を返した。

彼いわく、その時の酔っ払いは彼だったそうな。
(ちなみにひげがそれっぽいですが、ヒンズーだそうです。)

突っ走ってラブレターとか書きましたけど
愛の言葉はな~~~~~~んにも書いてございませんでしたので
期待されてた皆様

ご め ぬ あ そ ば せ ♪

インドはご近所づきあいを大事にする風習があり、
それこそ、昔の日本のように”ちょっと御しょうゆかして”

の、のりでマサラを貸し借りしたり、
一緒にご飯を食べたりします。

なかなか同世代とも出会う機会がないので
彼の勇気ある行動に甘えて
家の電気の配線のこととか助けてもらおうと思います。

すっごい世の中便利でさ、
おんなじこと言ってる人が山ほどいるけど
経験してやっぱり確信した。

こういう時代だからこそ、自筆の手紙ってすごい、いい。
毎日ポスト覗いて、返事待って、こなくていらいらして
何日もかけて手元に届くとすごく嬉しくて、

書くほうは字とか間違えて、
何回も書きなおして
でも相手のこと思いながら
紙の上に相手に伝えたいことを筆圧とインクで刻む。
その人の触れた紙が、
私に届いて、私は相手の心に触れる。

携帯電話を捨てたくなった、28歳の2月。

ハッピーバレンタインデー☆☆

**********

星のラブレター
The Boom

こういうかっこ悪そうでカッコいい日本人が大好き。↓
もっと素直に生きようよ。

Love Life, インドdeご飯。

インド人の恋愛観と最近あんこが思ったこと。


にほんブログ村

↑やるわよ~~~~更新するわよ!!
ぽちぽち!!!!!!!してねん♪

さて、ここはインド。


恋をすると踊りたくなるわ~~~~~<3

↓↓↓

あんこです。
残念ながら久しく、なんぞしておりませんが
最近ネタを求めて外に出るようなり、
インド人の殿方との交流も増え、

ふとこんな事を思ったのです。

『もしかして、インド人ってロマンチスト?!

サムライカルチャーのごとく、
女は黙って殿方の後ろを歩く文化を根底に持つ
日本国で生まれた、

その女、あんこ。

シャイな日本人、あんこ。

もし、世界ロマンチスト選手権とかあったら
絶対インドは上位5位に入る。
どんなに芋芋しい、ロマンチック度合いであっても!

アジア部門では1位や!きっと。

しかしながら基本的に見合い結婚が主流
婚前の男女交際がタブーなインド。
どこからこのロマンチックな演出はみんな勉強?するの?

それは

何を隠そうボリウッド映画。

今でこそ大分緩和されましたが
昔は映画でのラブシーンなんてもってのほかだったため
ボリウッド映画の定番、歌って踊って胸の高鳴りを
演技で表現する演出が定着しました。

みなさん恋愛は白帯ですが
この娯楽映画のおかげで妄想は世界最高レベル
皆さん、A+の成績です。

シャー・ルク・カーンの様にマッチョになって
女性を抱きしめて
くるくる回りながら
草原を駆け巡りたいと
みんな思ってる訳です!!!
(女性はシャールクに抱きしめられてくるくるされたいと思ってる訳です!!)

が、みなさん、
忘れてはいけません。

こんなコンサバティブな国ですが

何てったって

愛の経典
カーマ・スートラの発祥地。

愛や性に関して古くから独自の哲学や文化があり
嫁に行くときは夜の営みについて勉強したそうです。

デリー、ムンバイ、バンガロールなどの都市部では
男女が手をつないで歩く姿も見かけるようになりました。

日本ではドラマの台詞のようですが
『結婚と恋愛は別。』という考えがまだあるようです。

もちろん、
Love Marriage といって恋愛結婚をするカップルもいますが

ほとんどが親の決めた相手と一族が幸せになれる結婚をします。

(実際、去年あんこに猛アタックしてきた怖いもの知らずがおりまして
デートをしておったのですが、いきなり電撃結婚をしよった方がいました。
周りはlove marriage ダネ~と言っていましたが詳細は不明です。)

『結婚決まったから、別れよう』

という、不可解な別れ台詞がまかり通っており、
この台詞を言えばどんなにややこしい相手でも追ってこない。
自分の幸せより、
今まで自分を守り、
育ててくれた家族の幸せの方が重要なのです。

インドは恋愛を全く知らない人も大勢いて
老若男女、恋をすること、は 憧れ!

男の子も女の子も結構純粋で
男の子は好きな女の子に猛烈にアタックします。

私の隣に座ってる、ニコラスケイジ似のイケメンは
今の彼女を手に入れるのに6ヶ月もかかったとか。
女の子も身持ちが堅いです。

でもそんなに苦労して手に入れた相手なのに
その方と結婚はしないそうです。

彼は29歳に家族が決めた相手と結婚するそうです。
結婚とは、そういうものだそうです。

自然におこるのではなく、
学校に入学、卒業のように

みんなXX歳で結婚する!

と宣言する子たちが私の周りは多い。

”いつ結婚するの?”

と何気なく聞くと、

”年初めかな~~”

とか答えてくれます。


今現在、相手もいないのに!!!!爆笑

でもそんなの問題無し!
結婚したい!と思ったらすぐに家族が動いてマッチングするんですよ。

外国人にたいしては
悲しいですが

大勢の男性が
すぐヤレル、と思われているように感じます。


映画の中でも外国人との恋愛?、交際?は
自由の象徴として描かれています。
日常で女性に触れることがほとんどなく、
映画でこういう描写を観てしまうと

『外国人にはこういうことしてもいいんだ

と間違った認識を与えてしまってるといっても
おかしくないと思います。。
実際私も男性がらみの乙女トークをすると
インド人の女の子から、

あんこは外国人なんだから気をつけなさい

とよく言われます。

この件は以前のブログでも触れてます。
よかったらよんでね↓
恋がしたくなる!!映画『Yeh Jawani Hai Deewani』
http://ameblo.jp/angellatomato/entry-11544646340.html

もちろん、真剣なかたもいます!
素敵な交際&結婚されている方もいらっしゃいます!

私は見極めるスキルは皆無ですw


なので素敵な人が現れても
どこまで気を許していいのかわからず
チャンスを逃してしまうことも。。。泣

修行します。。

今になって

ここにおったら
一生結婚出来へんのんちゃうかなとか
心配になってきました

(はたまた、自分は結婚したいのか疑問になってきたり。
いっそインド人のように、私は29歳で結婚する!とかいったら
誰かアレンジしてくれるのかしら。。。)

インド人の女性を扱うように
接してくれたらいいのになとおもう、今日この頃。
いや、べつにインド人じゃなくても国籍問わず、

恋人、大募集中ですけど!

よろしく♪(え?

【おまけ】
エイズ撲滅キャンペーンで來印した際に
インド人女優に公衆の面前でハリウッドキスをして
危うくわいせつ罪で捕まるところだった
ハリウッドのミスターロマンチスト、リチャードギア。

 

女優さん嬉しそうジャンね。

Life Style and Information, インドdeご飯。

ムンバイ・ボリウッドテーマパーク Adlabs Imagicaへの行き方


にほんブログ村

↑ぽちっと一発、リポビタンD.

ちょっと前まで意味不明な風邪に苦しんでおりました。
やっと元気になりましたが
皆様お気を付けください。

季節の変わり目、
虫さん とかがわけの分からない病原菌を運んできたりするみたいです。

3000ルピー(4,800円程度)も払ってうけた血液検査が
全てクリーンの健康体だったこの悔しさ?笑
喜ばないといけないのにw

健康第一で行きましょう。

さて、以前インドに出来たボリウッド映画のテーマパークについて
記事を書いたところ、

なんとうれしいことに読者の方からこんなメールを頂きました。↓↓

************
あんこさん

突然ご連絡して大変申し訳ございません。
東京在住のT(33歳の男子)と申します

あんこさんとは面識や接点はまったくないのですが、
下記のあんこさんのボリウッドテーマパーク記事を拝見して、
ご連絡させていただきました。

http://angellatomato.com/post-20130423115.html

僕は、今年の夏休みにボリウッドテーマパークの


Google mapで確認するとMUMBAIから結構距離があり、
車以外の交通手段で、

どうやって行けばよいか

途方にくれておりました。

あんこさんが「ムンバイに行く理由ができました」と書いておられたので、
あんこさんだったらムンバイからどのようにいかれるのか、
もし、よろしかったら教えていただけないでしょうか?

お忙しい中、このようなメールを送られても、
多分ご迷惑だと思いますので、ご返信できなくても
どうかお気になさらないでください。

ではでは。

**************

こういうメール、好きです。
早速、はりきって調べてみました、、、、

車以外の交通手段はあまり情報が無く。。。
でもでも従業員の通勤の交通手段を考えると

公共交通機関が無いことは無いはず!!

あんこなら。。。↓↓

1:ネットでムンバイ在住のインド人を探して友達になって
ローカルバスについて聞いてみる。

私も新しく情報を得たらシェアしますね。

2:あきらめて、何人かいきたい人を募ってタクシーをシェアする↓
このウェブサイトでオーダー出来るのでは?↓↓
http://www.makemytrip.com/car-rental/?intid=OldHP_to_CarHP_Menu#

もしくは
3:オフィシャル送迎パッケージを利用する。↓

http://www.adlabsimagica.com/park/TourDetails.jsp

乗車場所が選べます。
South Mumbai, Kalamboli- Macdonald’s Restaurantなら
旅行者の私たちでも待ち合わせを探すのに
簡単そう!!

このパッケージは
入場料と往復送迎が込みで3,100ルピー(5,000円弱)から。
入場料は1,400ルピーなので
1,700ルピー往復送迎は日本の基準でも結構強気な商売ですが
1人での移動では
今私が持ってる情報の中で一番合理的だと思います♪

*********************

Tさん、いつも読んでくださってありがとうございます。
この情報が役に立てばうれしいです♪

あんこもいきたいので
誰か一緒にムンバイいきませんか?!

Jai ho~~~
ボリウッド体験★
考えるだけでわくわくしてきました♪

Bollywood

恋がしたくなる!!映画『Yeh Jawani Hai Deewani』

あんこ、何を隠そう
映画大好きなんです。

ただ、何を隠そう

まともにインド映画は見た事がありませんでした。

だって1本3時間て

長いよ?!笑


昔のミュージカル映画だよ!!

双子の妹のすすめで日曜日に3idiotsを鑑賞。

カメラワークも衣装も
なんか下手にリアリティーを出そうとしてしくじってるハリウッド映画とはちがい
夢の世界でいいからとにかくハイクオリティー!!!で
ディズニーランドにいるみたい♪
劇場で演劇を見ている錯覚に陥るの。

そして長いのでインターミッションが途中で入りますw
トイレ休憩w

そんな私たち、
最近の流行り  で紹介したこのダンスがみれる映画!!

Badtameez del
http://www.youtube.com/watch?v=A1VTaAYH3Hc

若者向け♪ゴージャスなダンスシーンが見物!!
映画『Yeh Jawani Hai Deewani』をみてきました!!
 

双子の妹はベンガル語が堪能ですがヒンディーはトラトラ。(ちょっとだけ)
とかいっておきながら、かなりの理解力。笑
いっぱい解説してくれて助かりました。

字幕無しの映画鑑賞に飛び込んださ!
でも字幕無しで120パーセント楽しんださ!!!

だってね、レミゼは始まって2日、日曜日だって言うのにたった7人の観客だったのに対し


月曜日の夜の7時の回、満員御礼!!爆笑

しかもかつかつなスケジュールゆえに7時に開場しないw
4時の後7時、7時のあと10時やで?!
映画3時間あるのに!

いざ。。。。入場!!!!

すると双子の妹が、昼間に取っておいてくれた
ベスト♪アベラブルシートに
インド人が座ってるんじゃんよ。

妹『ここ、私たちの席なんだけど。。。』
チケットを見せながらアピール。

というと
インド人、端っこを指差し
『あっちあいてるよ、あっち。』

あんこ、
『ここに座るためにお金払ったんですけど。』

『。。。。。』

さぞ恐ろしかったのでしょう、とっとと自分の席に戻って行きました。笑

いやあ、ボリウッド映画鑑賞in Indiaは
絶対した方がいい!!!!!
これはインドを感じる!

何が楽しいって。。。。

みんないちいち映画に野次る!!!笑

ひゅ~~ひゅ~~~~とか
うぅ~~~~~~とか

スターが登場すると、聞こえて無いのに盛大な拍手とかw

なんかみんな、かわいいw
すっごい楽しみにしてたのが伝わって来るんだもん!!

双子の妹いわく、彼女の地元は、もっと盛り上がるそうです。
映画ってアメリカ人の大衆娯楽やと思ってたけど
インド、負けてない。
もっとインド映画は評価されるべきや。

長いけどw

さてさて。。肝心のあらすじは。。。
Bunnyは自由を愛する青年。いつかは世界中を旅する事を夢見ている。
Nainaはおとなしい優等生タイプの女の子。そんな彼女が
スーパーでばったりあった友達?Aditiに誘われ、トレッキングツアーへ参加。
同じく参加していたBunnyとAviに出会う。
旅を通してNainaちょっとずつ心を開き、はじけちゃうのです♪
そしてBunnyは彼女の内に秘めていた魅力を少しずつ垣間見て、
そしてNainaは自由奔放なBunnyに
全く対照的な二人は惹かれて行きますが
Bunnyはシカゴにある大学での奨学金を取得。
二人は御互いの気持ちを確認すること無く、離れ離れになる。

*************
8年後、4人はAditiの結婚式で再会。
再び二人は恋に落ちるが
Nainaはひとつの場所にとどまれないBunnyの生き方は
自分とは違うことを知っている。
さて、二人の恋の行方は?

******************



Bunnyは日本でも公開されたBarfi!でオナジミのRanbir Kapoor.

Nainaはスマイルが飛び切りキュート★ミランダカーを思わせる、Deepka Padukone.
 

そして友人Aditi役のKalki Koechlinはとにかく、飾り気のない、自然なチャーミングさがあって
最初から最後まで高感度大でした。

1点興味深い点がありました。
劇中、Bunnyはパリで仕事をするのですが
そこで一目ぼれしたフランス女性とすぐにキスをしていちゃいちゃ♪
するシーンが!!

でもヒロインとのキスは

3時間引っ張りましたw

(※双子の妹『あら、最近のインド映画はキスするのねぇ。。しみじみ』笑)

この2つのシーンからこんな等式が頭に浮かんだ。

外国=自由の象徴

外国人=ちゅーでもなんでも、いつでもなんでもおっけ~~~~~?!爆笑

そう思われかねない描写やなと正直思ったわけで。。

うちのオフィスのとなりの子が

『あんこは外国人だからインド人の男の子には気をつけなきゃだめよ』

口をすっぱ~~~~~~~~くして言ってくれるのはこういうことなんかなあ~~。。と。

みんなこんな素敵でロマンチックな映画を見て育ってるんだもの。
インド人ってロマンチックなのさ。
でも映画は映画。
みんなあこがれてるのね。

あんこもインド人女性のように
あんな素敵なヒーローに
大切にされたいわ!

恋がしたい!!!!

と双子で叫んだ、月曜の夜でした。

Life Style and Information, News and Media, インドdeご飯。

インドで生きるということ、レイプ事件のこと。

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

最高に楽しいクリスマスとお正月をお友達と過ごせて
いいスタートを切れたあんこです。

今年の目標は

1:結婚する (彼氏おらんけどw)
2:お金持ちになる(全く何の目星もないけどw)
3:ボディーメンテナンス (やる気が肝心さ!)

ということで手始めに
マインドを強く持つトレーニングを開始しました。
レッツポジー!
人間それが大事、と思っててもなかなかできへんもの。

そうやって自分の感情に振り回されてきたので
自分の繊細さも大事にしつつ、それを強さにかえていく努力をする。

妄想というなのイメージトレーニングって大事なんや。
だって欲しいものがちゃんと自分でわかってないと、
それは現実化できないもの。

今年もあんこのハチャメチャぶりにおつきあいください。


残虐な女学生レイプ事件

実は年末からお友達から心配メールをたくさんいただいた。
なぜなら、2012年の暮れ、
インド北部にて残虐な女学生レイプ事件が発生し、世界中で大々的に報道されたから。

一応、女子☆のあんこも

みんなが心配して声をかけてくださいました。
愛をありがとう。

今日は新年早々ですがちょっとまじめな話をしたいと思います。

インドdeご飯。


インドのレイプ問題

ぶっちゃけ、”何を今更”という話なのです。
そしてなんども何度も同じことを叫んでも
カーストや貧富さで押さえつけられてもみ消されて
人口は増え続け、女児は口減らしに殺されて、
生きるために人をだまし、盗み、
そうして生きてきた人が大勢いるんです。この国には。
そこでいきなりひょいと外国人記者の耳に入ったから
大きなニュースになり、世界中で人権侵害だの女性差別だのが
先進国住民の目で叫ばれる。

あなたはインドに来たことがありますか?

スープの灰汁をとるような上辺だけの対応をしても
根腐れをした植物は

どんなにケアをしても

そう簡単にはもとの元気な姿には戻れない。

そして私たち先進国国家の基準での幸せが
本当にインド人の幸せなんやろうか。


インドにおける格差

私は今までバンコク、シンガポール、インドと現地採用として
お仕事をさせていただいてきて、
インド人と外国人との所得にこんなにも差があることに驚いた。
  • ハウスキーピング(カーストの最低層)5000ルピー(6500円)ほど。家族7人食べていく。
  • 大卒のエンジニア 15,000~20,000ルピー(22,500~30,000円)。家族に仕送りをする。

当然、私たち外国人のいくようなレストランでは一緒に食事ができないし、おそらく一緒に来てもレストラン側に入店を断られることもあるでしょう。

こないだクリスマスで市内一の高級ホテルにクリスマスブランチをいただきにいった時のことでした。

ヨーロッパー系の家族が、自分の家のメイドさんらしきインド人女性を一緒につれてきていました。
もちろん、彼らはbeing niceのつもりだったのか

はたまた子守が必要だったのか。

くすんだ朱色のサリーをまとい、
手入れをする余裕もないつま先がちらりと裾からのぞく。
彼女がこわばった表情で、数えきれない和洋折衷(とインドw)のごちそうの前に
たたずむ姿が私の席から見えた。

彼女は、真っ白のしみ一つないお皿に
インドのギー(油)を固めたミルク味のお菓子を
たった一つだけとって

たった一つですよ。

自分が仕える、裕福な外国人家族のテーブルへと戻っていった。

おそらく彼女の1ヶ月のお給料分ほどのお値段のする豪華なお食事でした。

その家族はきっといい方たちで
今回だけでなく今までも家族と同じ様に彼女を連れて
大事にされているんだと思います。

けれども、それは私たち外国人からの視点であって
彼女たちが本当にそれを求めているかは

私は疑問に思ってしまう訳です。


ここで安全に生きていくために

インドに来たばかりの頃、
私は今までバンコクやシンガポールでそうであったように
現地採用は現地のインド人と同じ立場で仕事をするものだと思っていたし、

私は日本、アメリカ、ロシアで育って、
学校で教育を受け、人権だとか、平等、物事のバランス、スムーズさがいかに
人間関係や社会で大切かというのを植え付けられて
それが正しいことだと信じてきました。

ところがどっこい、
インドに来ると課題は山積み。
オフィスのシステムはめちゃめちゃだし、
一つの仕事をするのに何人も何人も間に入って、
終わらせるのに日本なら2、3日のことが何十日もかかる。
自分の利益のために平気で嘘をつく。
女は基本的に男の下である。
物事がスムーズになりすぎると、誰かの仕事がなくなる
私は今までの自分の常識を真っ当から覆される窮地にたたされました。

例えば自分がすれば5分で終わるデスク周りの掃き掃除だって
ハウスキーピングに頼む、それがインドカルチャーなのです。
それは自分の仕事じゃないので、自分がすると誰かが職をなくすため。
そして自分の威厳を守るため。

ハウスキーピングは”お手本”がないため、
便器をふいた同じ布巾でデスクをふくなど
アンビリーバボーなことをしでかしてくれます。
(これが笑えるようになればあなたもインドで生活できますw)

私は今まで私が学び、正しいと教えられてきたことが
ここの国では教育されておらず、
それを正しいということは
外国人の目線からのただの押しつけであって、
彼らの培ってきた”秩序”と”文化”を乱すことに気づいた。

はっとした。

はっとするとともに
ひどくさらさらした灰色の液体が
勢いよく胸の辺りから胃にかけて流れた。

ここで安全に生きていくには
ここのルールに従って生きていくこと。

それがどんなに自分でなくても
それがここでの生き方。
私は外国人。
私はここに住まわせていただく以上、

ルールに従わなければいけない。


インドの人権

権力者が平民をコントロールする図式が根強くあり、
例えば町の商工会が地元でなにかあると
時には命を脅かす行動に出てでもねじ伏せようとします。
相手が大企業であろうと関係ありません。
実際に私たちのオフィスでも発生したことがあります。

もちろん、彼らは絶対で警察とも繋がっている。
外国人はお金を積んでことを収めることがほとんどだ。

権力がある人、自分より強いものに

インド人の女の子が手首をつかまれたら
何も言えないし、できない。

それが現実なのです。

この国には人権という意識がない。
あなたは大切なんだよ、といわれて育ってない。
そしてあなたの友達も大切なんだよ
と教育をうけない。


インドの性教育

インドの子供たちは性教育をほとんど受けないそうです。
日本ではだいたい小学校2、3年生で
赤ちゃんはどうしてできるのかということを勉強しますね。

でもインドではしないそうです。

そして15、6歳くらいで学校で申し訳ない程度に
ちょろ

っと話があって

だいたい女の子は早いとそれくらいの歳で結婚していきます。
下層カーストなんて性教育もうけません。
その結果、子供の数がコントロールできず

人口は溢れ、貧困からも抜け出せない。
たった20ルピーの避妊具を買う余裕もない。

そして男性は性欲のはけ口がありません。
婚前交渉はタブーです。
外国人女性は性にオープンと思われているのでとてもモテます。
インド映画でのラブシーンは踊ります。
テレビで外国映画放映はキスシーン、ラブシーンはカット。
その反面、外国からの文明ばかりが先立って入ってきて、
外国のポルノやドラマ、カメラ付きの携帯電話などが入ってきて
マナーなんてないので自分の知らないところで
盗撮されてたりとか
ざらにあるんです。
普通にされてるんですよ。
うかうか鼻くそもほじれません。

クラブは夜11:30まで
女の子はやらせてくれない
風俗もない
外国に行くなんて宇宙にいくことと一緒
エロ本は着衣w
外国人の足みせファッションなんてフリーポルノw

むらむらして、やることもないときに
女の子が目の前に現れたら

ちょっかいをかけたくなると思いませんか。

ここの人たちが恐ろしいのは
人の命が安いため
殺すことに躊躇がないこと。
もしくは死んでしまうかもしれないということが

わからないのかもしれません。
レイプをした
なぜなんども内蔵が破裂するまで
男が自分より体が小さい女のことをパイプで殴る必要があったのか
なぜ友達の(自称彼氏)の男の子は重傷だったにも関わらず
インタビューに答えているの?

彼女がまだ生きていた時、
”誰も彼女に服も貸してくれず、助けもよんでくれなかった”

と訴えた。
彼氏はなぜ助けを呼ばなかったの?
自分の服を脱いで彼女になんで貸さなかったの?
みんな自分のことに必死だから?

私はインドに住まわせていただいて

個人的にインドに必要なものは
国民への教育だと考えるようになりました。
カースト制をやめるなら中途半端な廃止ではなく、
下層と上層へ平等な教育を。

インドdeご飯。を食べること、生きていくこと。
それはとてもとても、大変なことなんです。