メヒコde オーディション Audiciones en Mexico

2017年2月に10年ぶりに役者生活を再開し
しかも人生初の一般オーディションがメキシコという謎な展開に
喜びと戸惑いとの両方を
速攻、私が尊敬してやまない、
OZmateの先生に報告をした。(先生、アドバイスありがとうございました 🙂 )

 

私の役は

スペイン語が話せない日本人妻という設定なのですが
台本はスペイン語。
まず翻訳作業から始まった。
シカゴに居る愛しの彼・コアラ
現在一緒にCUにてプロジェクトを進行しているテアトロのダイレクター、ロベさんに協力してもらい
私のスペイン語での台詞の理解があっているか確認し、
日本語の口語に直していった。

 

 

そしてオーディション当日…

メキシコシティー内某所のオーディション会場に着くと
会議室にカメラが用意されており
容姿をフロント、プロフィール(横顔)を撮影。
そのあと早速演技を披露した。

 

 

 

あんじぇら、失うものは何もない。笑

この3つを唱えて挑んだ。

 

 

  • やろうとしない(頑張りすぎない)
  • 目を開く。(やっぱり目ちっちゃいからねえ。)
  • 呼吸。

 

2テイクの後、担当の方が

『すごい、いいエネルギーだわ!
もし他のバージョンとかあったら撮れるけどどうする?』
といってくれた。

 

あんこは迷った。

 

 

これって、

さっきの演技微妙だからもう1回やりなさいっていうことなのかしら。
こういう時って、しゃーしゃーとやっていいもんなのか。
ウォーーー!
誰か教えてくれ!!!

 

 

と迷った結果、

 

 

『さっきのテイクが気に入ってもらえたなら(3テイク目取らなくて)大丈夫です』

 

 

興奮と戸惑いと緊張のあまり、

役者として
なんとも消極的な返事をしてしまったのだ。

 

終了後、そのことを彼・コアラに報告すると

 

『そういう時はやる気を見せるチャンスだから、

やりますっていってやらなきゃダメだよ。』 

 

10歳年下の普段は湯たんぽ以上に暖かい男

瞬間冷却スプレーのごとく的を得すぎている指摘をされ
心が折れたあんじぇら。笑

 

そして其の後も長い間、

エージェントがまだ日本人女性探しをしているのを遠回しに知り
これ(オーディション)も、誰でもできない経験させてもらったよな、うん。
とポジティブシンキングモードに方向転換しつつあった頃

 


■前回記事