デズニーランドと言えば。


にほんブログ村
↑とりあえず
押してね。
うふっ。

デズニーランド。

”ィ”が抜けてるなんて

それは
言わないお約束。

あんこです。
またくだらない話です。

新居、通称『デズニーランド』に入居からはや15日。
だんだん我が家らしくなってきました。

が、以前から黒い悪魔と戦っているのはご周知の通り。

実は流しの下に人間の拳が2つくらい入る穴があり、
開け方から意図的にあけてるものなのですが

そこが明らかに巣窟となっており。

動きを見るため、

朝起きて一番にすること

流しの下をあける

家に帰って一番にすること


やっぱり流しの下をあける。笑

で、こないだ退治した大量の黒い悪魔たち

あんこ、都会の風にやられて
体調を崩し、

掃除なんて気力はなく、放置をしておったのです。

そう、朝まで大量にあったやつらの亡がらが

今日、家に帰ったら


跡形もなく、
消えているのである。


誰かが侵入した?!
ゴキブリを掃除しに???!?
(あ、ゴキブリっていっちゃった。)

サインが残されている。

まるで怪人ゾロのように。


人差し指の第一関節ほどの長さがある、黒い糞 笑

(なんか、最近排泄の話多いよね。小学生みたいだよね。)

思わず、2ヶ月ほど前、
その怪人ゾロと決闘をした経験をもつ、
西ベンガルの双子の妹、ヒマリに電話をかける。

(ちなみにインドは州を渡ると電話料金がバカ高くなります。
そして、出張等で他の州にいくと電話は同じくになのに”ローミング”しますw)

あんこ『ひまちゃん、元気?すぐきるから一個だけ質問していい?』

ひまり『そんなすぐきらなくてもいいよ。
それにしても今日はいろんな日本人から電話がかかってくる日だわ~』

あんこ『あら、みなさん奇遇ね。でも私の質問は本当にくだらないけど真剣なの』

ひまり『どした?

あんこ『怪人ゾロのう◎こってどんなん?』

ひまり『ちょっとまって、う◎こはみてないからわからんけど
今、友達がいるから聞いてあげる。』

妹、ベンガル語で笑いながら
隣にいる、ベンガル人の友達にシュルシュルいってる

きっと姉がねずみのう◎こについて知りたがってるだなんて
もう第一印象は心配しなくてももう決定済みである。

ひまり『あんこちゃん、わかったわよ。
くろくて、細長くて、』


あんこ『人差し指の第一関節くらいまである?』

ひまり『うん、今まさにその長さを教えてくれた』

あんこ『まじで?!あかんわ、デズニーランドやけどミッキー不在やったのに
ミッキーきてもたわ』

とぎゃーぎゃーいってたら
電波が悪くなり、電話は切れてしまった。

いいですか。

鼠という字はですね、


ミッキーマウスじゃないんですよ!!!!!

日本にいると家にねずみなんて珍しいですけど

ねずみって病原菌を持ってくる
えっらいことしでかしちゃう動物なんですから!!!!

どっちかっていうと

ミッキー>ゴッキー

やけど

チフスとかチフスとかチフスとか!!!!!!

いや~~~!!!!!!!!!!!!!!!!

ってなことでこの流しのしたの
マルコビッチの穴を近日中に早急にどうにかせねばならぬことになりました。

ただの私の日記ですが。
これ書いてたら
ミッキーマウスに嫌悪感を抱いてきたわ。

2 thoughts on “デズニーランドと言えば。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    2人は本当に姉妹ですか?(^_^;
    実は、ブログでよく間違えるんです。よく似ているから。
    姉妹だと納得します(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です