地味に困っていること。

みなさまごきげんよう、あんじぇらです。

基本的に現地適応型人間なので

現地にあるもので工夫して生活をすること

を心がけているのですが

この歳になると体の変化もあり

 

日本のあれ

日本のこれ

 

が欲しくなることがあります。

価格が手頃、信頼できる、しかも品質もいい日本製品。

日本を知っているが故に、日本の外に住むと

日本製品の凄さが身にしみ、爆買いの気持ちがよくわかります。

 

さてあんじぇらは今、メキシコで手に入らなくて

ちょっと困っているものがあります。

それはズバリ

 

スキンローション(化粧水)

 

日本の薬局などで手に入る、水のようなテクスチャーで

バシャバシャ使えるあれ、です。

日本からたくさん持ってこようにも

液体物なので重いし持てる数が限られる

女子の生活必需品。

(ミネラルウォーターに混ぜたら化粧水に成るパウダーとか売り出してくれませんかね。)

 

乾燥しすぎて鼻の穴がカピカピ

肌が砂漠です。

こまめに水を飲みまくっていますが

こんなずぼらな私でも

お風呂上がりのお手入れは欠かせません。

 

現地ドラッグストアとアメリカでも探してみましたが

ありそうでない似た商品。

 

あった!と思うと全て”拭き取り化粧水”

ローションと名のつくものは”クリーム系”なんですよね。

 

多くの大和撫子は

化粧水→クリームローションで保湿をしますよね。

 

本当にないのだろうか

ネットで検索をかけてみると

アメリカ、南米在住で

同じ悩みを抱えてる大和撫子が情報交換されてました

現地調達しようとすると、

資生堂やShu Murakamiなど

ガチ高級品しかないのが実態のようです。

ちなみにあんじぇらさんの化粧水選びのポイントは

あまり美容成分とか信じてないので

  • とにかく全身にバシャバシャ使えるペットボトル大
  • 余計な香料や添加物が入っていなさそう
  • 継続して購入しやすい価格

上記が化粧水を選ぶ基準です。

よく使っているものがこちら。


◆菊正宗 日本酒の化粧水

もっちりなので冬場に最適です。

日本酒のお酒なので外国人へのプレゼントへも面白いかも。


◆大豆イソフラボン

大学生のころ、大豆イソフラボンがもてはやされており

踊らされてよく使っていました。

容量が小さいのですが使用感◉です。


◆ハトムギ化粧水

 

現在愛用中。

薬局でセールの際は350円ほどで手に入ります。


そしてリサーチの結果、

かろうじて代用として現地調達で使えそうなものは

日本でもおなじみのフランス製のこれ。

◆アベンヌ アベンヌウォーター

ソニプラとかで厳かに売ってる、あれです。

400Peso(2500円程)と日本のほぼ2倍。

輸入品なので高い(泣)


一方、シカゴのコアラからメッセージが送られてきた。

 

今ねー、フィールドトリップで

日本食品店にいる!

 

連続で送られてきた画像⬇️

 

かわいー(可愛いもの好き)

 

石鹸ちゃうでー。

 

貸してあげたら、気持ち良さにハマったらしい。笑

 

自分へのご褒美らしい笑

 

シェフなので食べ物ばっかりの写真が送られてきたのだが

次の写真に衝撃が走った。

 

 

 

なぬっ?!

 

コアラよ、

何も言っていないのに

私が超絶に欲しいものがなぜわかる!

あなたは出来杉くん認定です。笑

 

そしてパワーオブアメリカを痛感。

思っていたよりも高くない!

もちろん買ってもらいました。

アメリカのアマゾンで購入することもできます。

 

メキシコ在在住のみなさま、

シカゴに行くことがあれば日本食のお求めは

ミツワマーケットプレースへ。

 

◆おまけ

学校の課題で作ったどら焼き。

どら焼きを食べたことのないメキシコ人が

アメリカで作るどら焼き笑

見た目いい感じ!

シカゴ銘菓コアラ印どら焼き