「金魚のフン」な日本人学生 Un estudiante japonés que actúa como excremento de pez dorado

テアトロのクラスがガチすぎて
実は当時、私以外に2名日本人がいました。
今日はその話し。

 

そのうち一人はNivel4か5、自費留学している若い学生で
とても流暢にスペイン語を話すかたでした。
たまたまその方の隣の席になり
自己紹介で日本人と言った途端に
日本語でずっと話しかけられた。

 

当時あんじぇらはスペイン語で話したいけど
口を開くとどうしても英語が先に出てきてしまう現象に見舞われていた。

 

向こうは英語が話せないので
日本語で返すという状況から
結局日本語の会話となってしまったのだ。
*英語ならまだ話者が多いのでそうでもないが第3言語をしゃべっていると本当に周りの学生をシャットアウトしてしまう。
ご自身のことを一生懸命誇張してお話してくださるのですが
予測していた日本人ぽい反応(すごいですね!!とか)
私がしないことにイラっとしたのか
それとも気の利いた会話をしようと頑張った結果滑ったのか
会話の終わりにこう言われた。

 

 

見ものですね

 

 

あんこさんのスペイン語が
この2ヶ月でどれだけ上達するか。
(にやり)

 

 

 

(あんこ、心の声)
私の歳のおよそ半分地点を
絶賛通過中の青年よ
それは『激励』風で
ゼンッッッゼン感じよく聞こえないので
他の人には使わない方がいいよ。

 

 

苦笑

 

 

 

ガチ授業がすすむに連れて、
その方は明らかに演劇にはあまり興味がないんだな
という雰囲気がにじみ出て
あげくにはアクティビティー中に耳打ちをしてきた。

 

 

『履修変更するなら、今週末までですよ。』

 

 

そのトーンが

後でトイレの裏来いよ、可愛がってやるからヨゥ

 

というような

不安の隙間に入り込み人をコントロールする匂いがして
嫌ーな感じだったので
あんこははっきりと申し上げることにした。

 

『え、私変更しませんよ、私このクラス好き。』

 

 

会話終了笑。

 

 

本人は親切のつもりだったのに
あんこがはっきり自分は楽しんでいることを伝えたのが面白くなかったのか
これが最初で最期の会話となりました。笑
次回のクラスにはその方ももう一人の方も履修変更していました。

 

 

が、この話には後日談があります。
ターム終了後になってからもテアトロクラスでよく遊んでいて
ディレクターも交えて飲んでた時

 

最初のクラスでこういう子いたよねーからの
その方の話になり
エジプト人や数名の他のアクターにも同じことを言っていたことが発覚。

 

『ネガティブを植え付けようとするのでびっくりした。
他のクラスでも他の学生を道連れにして
ドロップアウトさせようとしてた。』

 

うけるー笑

 

同じであろう、赤いパスポートを保持者としては残念ですが
その方は悪名高い日本人学生として有名人でした笑

 

みなさん、

 

自分のことは自分で決めましょう。
「右向け、右」は世界ではただの「自分の意思がない人」です。
残念ながら、意思のない人は大事にされません
就職しても活躍できません。働きアリで終わります。
せっかく広い世界を見るために海外に来ているのですから
留学先で小さな日本村を作って
日本の価値観の中で留学生活を終えていくのは
私は本末転倒だと思います。

 

ぜひご自身の意思を強く持って
ここでしかできない、今しかできない
ご自身の留学をして帰国してくださいね。
そして強い意志を持ち
トイレも一人で行きましょう。笑

◆映画出演関連記事
  1. 特殊メイクの裏話。Desmayo
  2. 撮影コール El llamando para filmación