撮影コール El llamando para filmación

お腹の型取りも終わり、
台本の読み合わせで私の『夫』とめでたく初対面。
そして健康診断を済ませ,いよいよ撮影日を迎えた。
 
撮影前にコール(llamando) シートというものが送られてくる。
撮影の段取りがすべてここに書かれており、
集合時間からスケジュールまで細かく描かれている。
 
撮影は11:30からですが、私はお腹の特殊メイクがあるため
ショーアップは8時。
ピックアップの車が手違いでこなくても、へっちゃら⭐︎
 
 
無事に撮影現場に到着後
トレーラー内で早速、特殊メイク班が作業を始めた。
人生初の気絶を経験しながら作成された
私が大女優になった暁には
「ミュージアムで飾られるであろう」、見事な腹型から
見事なぷにぷにのウソ腹は実に素晴らしい仕上がりだ。
ただ、これだけではない。

家族、友人を

「いつの間に?????!?!?!」

と慌てさせ、気を使わせたあのニセ妊婦腹
下記の手順で慎重に装着作業が行われた。

 

  1. まず、体に沿ってなんども当てて、無駄なスポンジ部分を切り捨て、ピッタリ体にフィットするよう調節
  2. アルコールで除去できる、特殊ノリで貼り付ける
  3. 私の肌の色に合わせてお腹をカラーリング(仕上げはエアブラシで血の気も!)

完成まで2人がかりで3時間!!!
(半裸だよぅ、さむかったよぅ)

 そしてこうして母になったのでした笑
その後ヘアメイク。
舞台人の私にとって映画メイクの薄くて自然なこと。
パーツをはっきりさせる、というより
お肌がキレイに写るようにしっかりコンシーラーを使用していました。

そして眉毛は一本一本描いてもらい、植毛してもらったようでした。

 

2カットの撮影。
ライトが当たり、かちんこ(clapperboard)の後
いよいよ演技の始まりです。
どの位置からカメラが入って
どういう風に自分が見えているのか
わからないのでテレビの俳優さんは
自分がどこから見られてて、どういう風に見せるか

日頃から研究しているのであろうことを身をもって感じました。


公開は来年!『Ya Veremos』

( 意味:英:We will see/日:そのうちに分かるよ)

 

監督は2015年公開のラブコメディー『A LA MALA』
『El que busca, encuentra』などを手がける 
Pitipol Ibarra ( Pedro Pablo Ibarra) 氏。

よく笑う、とってもチャーミングな監督でした。

 

 

主演はケビン・コスナー氏主演のアメリカ映画
『メッセージインザボトル』でデビューし

Victorians』『 El Clon』などのテレノベラ(日本でいう昼ドラ)で知られている国民的俳優Mauricio Ochmann氏。

 

相手役はメキシコ版『Wicked』でGlindaを演じ、

映画界だけでなくメキシコのミュージカル界を支える女優Fernanda Castillo氏。

 

お二人とも気さくで優しい方でした。

 

学んだこと:
大スターの貫録と余裕は
違う笑

(スターほど謙虚。)

 

スタッフのみなさんもとても親切で、居心地のよい現場で
『夫』もジェントルマンな日本男児で、すごくラッキーでした。
異国の地で、初めての職種を経験し(笑)

こんなに人に恵まれて、感謝をしみじみ感じます。

 

 

チャンスの神様〜〜〜!!

 

 

 

 

なっが〜〜〜〜い前髪でいてくれて

ありがとう!!!!!笑

 

この話の続きは来年になるかと思いますが
ポスターの撮影も終了し、皆さんへの告知が解禁されましたで

またブログでも随時最新情報をお届けしていきます。

 

メヒコdeご飯。… 

 

まさかメキシコで
俳優としてご飯を食べることになるとは
日本を飛びだったあの頃

想像もしませんでした。笑

◆映画出演関連記事
  1. 特殊メイクの裏話。Desmayo

 


#yaveremosmx

Fernanda Castillo y Mauricio Ochmann ruedan ‘Ya veremos’
(From website 'teleNovela')

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へ
にほんブログ村

1 thought on “撮影コール El llamando para filmación

Comments are closed.