ニューヨークへ演劇しに行ったワケ。

会社で
自分のメールアドレスがある事を
会社外の人に教えてもらう恐怖。
そして赤っ恥。

ありがとう、はまむらじゅ。。じゃなくて
あんじぇらとまとです。

なんかよくわかんないけど今の世の中で、FAXと電話で仕事をしている。
特に必要もないから気にしていなかったのですが
私のメールが設定されておらず、どうせすぐいなくなるし?
面倒くさがられてるのかと放っておいた。

そしたら、待てど暮らせどもFAXがこないので
お客さんに連絡したら

え?メールしましたけど。










ど こ に??????




鼻で笑われました。笑
失礼なやつは嫌いやけど、赤っ恥やわ。
てかどこで仕入れた、そのメアド。



さて。

今年の夏はさくっとNYへ演劇しに行ってたワケですが。

観劇じゃないですよ、



演劇す。



あんこちゃん、
演劇とか好きなのしてったけど
パフォーマーに?!(ってか自称大根じゃなかったっけ?)

というはてながいっぱい飛んできたので
ここいらでサクッとポリッと美味しいスコーンばりに
備忘録がてら書いとくとしよう。


ミュージカルカンパニーOZmateとの出会いは大学時代、
ミュージカルをやりたくて門戸を叩いた。
が、初演Ryoma出演後退団。

その後あんこは長い旅路へと出る。

ひょんな事からインドから帰ってきてしまったところに
いつも気にかけてくれていた劇団の先輩P様からのお誘い。
久しぶりにスタジオへ足を運んだのだった。

ここでFringe NYC 国際演劇祭への出品計画を
劇団の主宰、通称:BOSSに聞かされることになる。
Fringe NYCは厳選な審査を通過した
才能あふれるパフォーマーたちが世界各国から集められ、
2週間にわたり、世界の心臓・アートの発信地である
ニューヨークで開催される今年20周年を迎えた演劇祭だ。
あの名作Urine TownもFringeから上がっていった作品として有名で
もはやブロードウェーへの登竜門とも言われています。
審査は映像と書類。
そこで書類の英訳要員としてお手伝いする事になったのが去年の12月。

この時私は長野で隠居してたのでやり取りはメール。
私が地元にいないままやり取りはなされ、書類の提出も完了した。

2月、長野から帰ってくるかこないかのとき
Bossからの一報。
それは難関を乗り越え選考を突破。
イーストビレッジの劇場で5ステージパフォーマンスができるというのだ。












うそ。。。。?笑
人間ほんまに驚いたら声出ないで。
もちろん良い意味でやで。 
本当にいけるか、いけないか未知の世界やったから。
あたまの中でコーラスラインのオーディションシーンの歌;

"I hope I get it , I really need this job !"

がループしてました。
 私はキャストじゃないけど書類面で足を引っ張る事がなく 自分個人の自信ともなりました。 

地元に帰ってきた時、
たまたま稽古場の近くにいたのでふら〜っと立ち寄り 
稽古に乱入の上、 
喜びの雄叫びをキャストと分かち合う。 
(実際はみんなそれどころじゃないくらい、忙しかったんだけど笑) 


そんな呑気にへらへらーへらへらーしてるあんじぇらさんに
Bossから 思いがけない爆弾発言がなされたのだった。 



続く。
ミュージカルカンパニーOZmate
凱旋公演(2017年2月18日、19日)詳細はこちら!

15400460_1276089022482538_4999606454230844876_n 15327297_1276089025815871_8218499729445730691_n