「戦争反対」じゃなく、「平和を祈る」人になりたい。

今、世界が揺れている。

日本だけではなく、全世界で心が痛んだり、不安になる事がたくさん起きています。インドdeご飯。と脈絡がありませんが、先日私が賛同できる答えを見つけました。それはマザーテレサのお言葉と考えです。(私は宗教家でもクリスチャンでもありませんし、慈善活動など賛同しますが自分からすすんで行う人間ではありません。)

 

「戦争反対の集会には参加しませんが、平和を祈る集会であれば参加します。」

 

まず単純に、嫌な事(戦争や不安)より、欲しいもの(平和や安心)を考えてるときの方が楽しくないですか?より先に、何が欲しいか。戦争はいやだ→逆にいえば、平和が欲しい。じゃあ戦争反対ではなくて「平和」焦点を当てて、そこに向かって自分の思いを投げかけたくないですか。そちらを考えているときの自分を感じたとき、自分の中から発されているエネルギーや感情は「戦争反対」と唱えているときの自分より幸せで明るくないでしょうか。

戦争反対の皆様ー私も未来の為に、そして私自身の安心のために自分の周りで争いは起きて欲しくありません。理論的かつ合理的であっても、誰かを責めたり追いつめるより、平和をよびかけることが今すべき事ではないでしょうか。それが自身の心の健康にもよく、より多くの助けを得られると、腹の底で納得しました。

世界人類が平和でありますように。

 

Image

与党、午後にも採決提案=維新との修正協議決裂―安保法案

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6174452