Life Style and Information, インドdeご飯。

ムンバイde宿狩り 家賃がマジ高くてャヴぁい。

これからシェアするお話は
決して外国人だからぼられたということではなく、
インド人も同じ悩みを抱える、本当の話である。ムンバイ、お金持ちの街。インド最大の都市。

大金持ちとホームレスが共存する港町。
金融街があり、その存在はよくニューヨークと比較される。
空に突き刺さるよう針のような建物が並ぶ、忙しい街。
ムンバイ。どの国でも家探しは大変なものだが、

私はインドではもう2度と探したくないと心に決め
バンガロールの家はあと5年は住もうと決めていた。
(実際人事異動により、5ヶ月でその野望は終わりを迎えるが)

 

●外国人の入居拒否
●エージェントとのゲーム
●劣悪なメンテナンス状況
●めんどくさいオーナーとのやりとり
●多額のデポジットの要求
●退去時の言いがかりバンガロールの家のオーナーさんは紳士なすばらしい方でした。
インテリアデザイナーである奥様がデザインした室内は

インドにいることを忘れるほど。
そして困ったときはいつでもとんできてくれた。
そんなオーナーさん、珍しい。
自分がオーナーでもそこまで出来ない。

 

まあ、荷物をまとめてムンバイに来ましたが、物価の高さが尋常じゃなく。
ココナッツジュースが20ルピーから40ルピーになったときの衝撃。笑
走ってる車がマルチスズキ、トヨタイノーバ、ヒュンダイ サントロよりも、BMWやホンダの見たことないスポーツカーみたいなデザインのものや、ポルシェ、ランボルギーニ等

お金持ちの半島に来てしまった。。。
そして当然、

ありえないくらいの家賃を要求される。

ちなみにバンガロールでは

UBシティーの裏で40,000ルピーほどの2BHKで
歴代日本人駐在員が住んでいた部屋を借りていました。
同等の立地、そして室内のメンテナンスレベルの部屋を
ムンバイで借りようとすると
1.5ラック(150,000ルピー・30万円)はくだらない。これムンバイ。

日本人の駐在員さんは主にPowaiやAnderi (空港付近)にすんでるそうで
Sakinakaはオフィスも多いようです。
このあたりはムンバイでも比較的家賃がリーズナブル。
私はマップ上の②バンドラという地域で
映画スターにまみれて生活したかったのですが
見事にエージェントに振り回されて失敗。残念。
ジョン・エブラハムのペントハウスの横だったのに。ちぇっ。①のナリマンポイントはBKCとならぶインドのウォール街とも呼べる場所。このあたりになると安くて3BHK、3ラック(300,000ルピー)。

もちろん上をみれば果てしない。

香港のデザイナーがISM Parinee Ohm Towerというプール付のマンション建築を予定していることが3年ほど前に発表とされました。

(信憑性は謎。インドの建築技術ではかなり難易度が高いと思われます。)

 出展:http://internetcom.jp/interestingly/20120827/1.html

間違いなく、私のような庶民がかえるわけがない金額で
そしてこういったマンションの麓で

テントを張って生活している方がいるので

なかなか考えさせられるものがあります。

ではムンバイの2BHK、90,000ルピー代の物件

(Lawer Parel , West Bandra 周辺)の外装を参考にお見せしましょう。

海風でハードの老朽化が激しいが、中はそうでもないことが多いので
ぱっとみだけの自分の感はまったく当てにならない。

家はよくても窓を開ければ、そこはスラムだったなんて普通。

バルコニーはぜいたく品。ほとんどがバルコニーなしのアパートです。

バンガロールでのアパート相応なものにたどり着くために
ごみの山からなくした結婚指輪を探すぐらい過酷な

宿狩生活になりそうです。

1 thought on “ムンバイde宿狩り 家賃がマジ高くてャヴぁい。”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    インド人の知り合いがメトロの駅の目の前の古くて小さなアパートに住んでいますが、今の売ると
    日本で家一軒買えるくらいの価格だったのでびっくりしました。
    そのくらいムンバイは借りるのも買うのも高いんだ、って言ってました。
    じっくり探し、待つことも大事。
    これだ!というのが出てくるのを待つ余裕がここでは一番必要だと言ってました。
    いいお家が見つかることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です