「三保の松原田子の浦 さかさにうつる富士の嶺を」~ Visit Mt. Fuji!


にほんブログ村

↑ということで日本にいるぜ。
ポチッとよろしく

うちのオフィスのインド人、ブリちゃんとの約束を果たすため江戸へ。

「富士山をみたい」
と、ブリちゃん。

あんこも飛行機からしか見た事がないので、これはいい機会だ。
昔は長時間のバスは苦手だったのだが、インド生活も3年目となり
なれたものである。

登山の根性はないので眺めにいこうではないか。
と、いうことで
HISの日帰りツアーに参加しました。

日帰りバスツアーは要領よく複数の観光地を回れて
この時期はイチゴ狩りやお茶のパック詰めなどもできたり。
お寿司食べ放題や、リサ&ガスパールの町でショッピングをするツアーなどなど
大体8000円/人から♩

HIS ホームページ
http://www.his-j.com/kokunai/kanto/?lcid=1001c

パワースポット、三島大社へ~

桜、待っててくれたよ。

そして富士山をバックに。
かかっていた雲がきれいに流れ、その姿を見せて下さいました。

photo:01

そして世界遺産富士山が見える風景の構成資産とされている
三保の松原で
インド人とインド人みたいな日本人と、中国人とベトナム人がジャンプして
富士山が全く後ろにみえないぜ!!!
でも楽しそうだろ?!笑


photo:02

富士山は不法投棄だらけで世界遺産になかなか登録されなかったと
小学校のときに先生が説明してくれた。
そのとき海外かぶれでしかも日本人という自覚もなければ
愛国心の欠片もなかった為他人事のように聞いてた。

それから20年がたち、
たくさんの人の努力によりこの島の美しい財産が
敬われ、後世に残すべく大切に扱われるべきものとして
やっと世界に認めてもらう事が出来た。

澄んだ空気にビビッドにうつる春の緑。
青空をバックにひらりひらりと舞う桜吹雪。
そして威風堂々とそびえる富士の山。

日本にも世界に誇る素晴らしい財産がある。
その国民である事に胸が熱くなった。

****

このバスツアーのガイドさんがなかなかスケジュール説明は
かみかみな割に
歴史やまめ知識となると、いきいきする陽気な男で、
東京から静岡まで行く間に
鉄道唱歌
というものを紹介してくれた。

五七五で歌われる、この東海道線篇において
今回の静岡はこのように歌われています。

三保の松原田子の浦
さかさにうつる富士の嶺を
波にながむる舟人は
夏も冬とや思ふらん
駿州一の大都會

↓ぜひ聞いてみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です