”デブ”の境界線。


にほんブログ村

自覚はある。
元々太りやすい体質で
急激に体重が増えたため腰にかかる負担が大きい。
仕事のストレス等を理由にするのはもういい加減やめたい。
ということで

1:ちゃんとジムに通うこと
2:お水を1日3Lのむこと
3:間食は控えること
4:ストレッチ

から始めることにします。

ということで、引っ越して真っ先にしたことは
水のタンクの注文より、

ジムへの入会だったのですが。

そのとき、目標体重の設定を50キロ代と設定されました。
私の身長でこの体重は多分日本ではデブです。

タイにいたとき、ジムにいったときにも
40キロ代まで落とせといわれました。

私はちなみに163センチあります。

私の自分での目標体重は55キロです。

小さい頃にバレエをやっていたので
ふくらはぎに結構しっかり筋肉がついています。
この上に脂肪がついているので
たちが悪い。

ダイエットをしていつも思うのは
自分がいろんなことをコントロールして
やっているときに
周りのサポートを得られないとき。

私は外的要因を真面目にうけてしまう傾向があるので
トレーナーをつけた方がいいのかもしれません。

私は痩せたい、というより

健康でいたいという言葉を使いたい。

きれいでありたいし、魅力的になりたい。

そんな乙女心な日曜日。

インドではやっぱり、ちょいぽちゃくらいが好まれるのかもしれません。

が、甘んじず、ちょっと体の調整をしたいと思います。

3 thoughts on “”デブ”の境界線。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    うちの妹は、毎日欠かさず風呂あがりにふくらはぎのオイルマッサージをして、見事ふくらはぎスッキリ娘になったよ!!!延べ棒でコロコロしてた。
    ちなみに彼女も陸上でふくらはぎムキムキだった。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    私はひとりで住んでいるときは、毎日外食ばっかで、結構増量しました。
    でもその後、結婚までの心的疲労や出産いろいろ経て、体質が変わったのか160センチ53キロから46キロまで落ちました。
    これは確実に不健康です。インドでガリガリだとあんま魅力的じゃないです。それより笑顔でいたほうが断然よいです。
    私は今笑顔でいるのが目標であります。
    外的要因に影響されやすい真面目ってゆーのは私も似たような感じです。自分で言うものなんですが。。。ようインドでサバイバルしてますよ。お疲れ様です!!!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ぶーしゅーさん
    こんにちは~!
    毎日が戦いですよね。
    おっしゃるとおり、笑顔が一番。
    小さい時に父にわらえ!といわれましたが
    女の子は笑ってるだけでかわいいんですよ。
    まずは心が健康じゃなきゃ!と思う今日この頃でした。

ぶーしゅー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です