こう見えても乗り物です、「ガネーシャ祭」に向け準備万端 印

今日はGanesha Chaturthi祭り!!!

象の頭を持ったお金と学問の神様、

ガネーシャの生誕を祝うお祭りで

主に南にで盛大に行われる。

この祭りにあわせて
ハイデラバードでこんな愉快な?乗り物が作られたそうです。
みかんの様ですがラドゥーをかたどられたお菓子の上に
ガネーシャをのせ、ネズミーランド顔負け?です。

下のリンクから画像が見れます。

↓↓

こう見えても乗り物です、「ガネーシャ祭」に向け準備万端 印
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130909-00000014-jij_afp-int
(AFP時事)

さて、ガネーシャはヒンズー教の学問、お金の神様
仏教では姿を変えて大黒天と呼ばれ、同一と言われています。

何を隠そう、ガネーシャは
ヒンズー最高神、シバ神
その妃、パールバティ息子

シバの留守中にお風呂に入っていたパールバティは
自分の体から出た垢でガネーシャを生み出した。

パールバティは入浴中、外での見張りをガネーシャに命ずる。

そこに帰ってきたシバ神、
妃に面会する為に入浴室に入ろうとしたところ
ガネーシャに拒否をされる。(見張りだからねえ。)

まさか目の前にいるものが
自分の子供とは知る由もない、シバ神

シバ神『私を誰だと思ってるんだ、
この愚か者が!!!!!

と、ガネーシャの首をはね、森の奥に投げ捨ててしまった。

何事かと駆けつけるパールバティ

パールバティ
『なんてこと!あなたは今、息子の首をはねたのですよ!!!
どうにかして頂戴!』

シバ神『なんてことだ!おろおろ

シバ神は投げ捨てたガネーシャの首を
森に探しにいくが首は見つからなかった。

このままでは
パールバティ殺される 悲しむではないか。

(といったのかは知りませんが、
普段は優しいパールバティは怒るとカーリー神という
怖い神様に変身します。)

仕方がないので
帰り道に遭遇した子象の首
を拝借し、
残っていた胴体の上にのせた。

こうしてガネーシャは生誕したという神話。

面白いね、ヒンズー神話。
ということで今日はガネーシャ様のマントラ(祈りごと)でお別れですw
なかなか明るい音調でかわいいのでこれを聞いて
心を静めてください。笑Om Shanthi, Shanthi, Shanthi…


下のバナーをクリックしていただくと
ランキングアップに繋がります!
応援御願いします!

↓↓↓


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です