夏の終わり〜インドで蛍をみて、妹にあって、タクシーでぼられる。笑


にほんブログ村

ただいまコルカタ空港。
騙されたのか?
市内から乗ったタクシーに膨大な額を吹っかけられる。

空港から市内までは260ルピー。
世界の常識に従うと、
市内から空港に入るタクシーも
これ相応もしくは以下なはず。
メーターでいってくれるといったタクシー。
150だったのに、
チャートをだしてきて350とか言い出した。

その辺にいたおっちゃんに、

たすけて~~~~

と声をかけたら

呼んでないのに
イケメンのにいちゃんと
自称タクシードライバーのお兄ちゃんも一緒にやって来た。

まるで三銃士 笑

なんだかあのかわいい
シュルシュルいっちゃうベンガル語で
激しく論争。

あんこ、


250なら考えるけど
350はあり得ない!

と突っぱね、

なんだか殿方が
ベンガル語合戦は激しくなり
あんこの存在はまるで空気のようだったので

250だけ渡して

逃亡。笑

空港の中に入ればこっちのもの。
助けてくれた皆さんありがとう。

立派な立派なコルカタ空港ですが

ジェットエアウェーズのスタッフが
失礼すぎて萎える。

この時期のコルカタは死ぬほど熱い。

シンガポール、バンコクと違って
土地勘もないし、
建物も低く、日陰が少なく
今も頭ががんがん泣

湿気で持ってきた服が全部重たい笑

妹のことや
蛍をみたこと
シャンティニケタン村でのこと
ベンガル人のこと
いろいろ書きたいのですが
旅の疲れが出て、面白くないことを書きそうなので笑

今日はつぶやきのみ!

私のシャンティニケタンへの冒険を一足早く知りたいあなたは
妹目線の日記がここから読めます。

ということで
皆様、

タタ~~~
(*ベンガル語でバイバイ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です