インドdeご飯。

世界の車窓から〜コルカタ−シャンティニケタン

あなたはもう、忘れたかしら。

今年の5月、
合同誕生会という名目で双子の妹(前世)、
ヒマリちゃんをバンガロールにまでおびき出しに成功した


あんこ。


それから3ヶ月。。。。。

今回は、


おびき出されてみました!!!!!

コルカタからシャンティニケタンへ移動は列車。
15:50発の列車、15:00前には平日だというのに
Sudder St.(インド博物館)周辺は

大渋滞。

タクシーを広い、30分ほど,150ルピー(240円)で川の向こうのハウラ駅に到着。

なんてったって

インドで初列車!!!!!
しかも汽車!(ディーゼルだそうです。)

読めない!!!w
(英語表記も出てきますのでご安心を!)

あんこの母、アレキサンドラに写真を送って見せたところ

なんや、

不可不可不可
って見えるな!!!!!

爆笑w

さて、意外と用心深いあんこは、
当日窓口でかうという冒険は出来ずw
列車のチケットを事前にインターネットで購入。


Make my trip.com
http://www.makemytrip.com/railways/
(列車の予約はメールアドレスの登録が必要です。)

列車は等級があり、
行きはエアコン付き 500ルピー(800円)
帰りはエアコン無し自由席 150ルピー(240円)
にしてみました。

行きは所要時間2時間20分。
まさかの定刻発車!優秀!

コルカタの
水たまりと黄色い車とレンガの道から

のどかな緑の風景に変わって
目がいやされます。

そしてついに降り立った、


シャンティニケタン!

(シャンティー平和な、ニケタンー居住地)

おりた瞬間から確信。


私、ここ好き

ちいさな駅やけど
まるで美術館のよう。

そして双子の妹がお迎えに!!!!
あいだわ~~~ありがとう!
ピンクのきゃわいいドレスで
ベンガル語をシュルシュル話します。

妹は自転車、
あんこはその後ろからリキシャで追いかけることに。

リキシャってここでは


人力車。w

↓このオートリキシャはここではスクーティーと言います。w


にほんブログ村

↑ついでに
ポチしておいてくでさいw

ということで
リキシャ漕ぎスペシャリストのおっちゃん、


頑張ってこいでおくれ!!!

このたくましい?背中。 笑

その前を妹が慣れた感じに


すい~~~~~♪

みよ、この姿勢の良いこぎ具合を。

荷物を置かせてもらって
でんつきで妹の学校の音楽学科のコンサートへ。
ミドルカーストが多く、
皆様文化的で芸術教育を大切にする環境がここにあります。

一曲終わって

拍手を使用とした瞬間、
妹の手があんこの手元に伸びる。


『おねえちゃん、
ここでは拍手はしないの
w』

そのかわりどうするかって?

しゃ~どぅ、
しゃ~どぅ~~~~♪

と2、3回唱える。

呪文のように!!!

意味は?
不明だそうですが
これがここの決まりだそうです。

ほんとだよ、この耳できいたで。
みんないってた!!!!

シャンティニケタンでは
拍手の代わりに
しゃ~どぅしゃ~どぅ言う。

これも村の平和に何らか繋がる理由の一つに違いない。
恐るべし、シャンティニケタン。

さらに夜ご飯は、画家の作る
おいしいビリヤニ。
さすが芸術家、普段食べてる


どや!ビリヤニや!
うまいやろ?!

っと言わんばかりのバンガロールの暑苦しいビリヤニとちがい


味に繊細さが!!!!

レモネードも甘すぎず、体にしみました!

双子の妹視点での日記こちらから!

あんこのカルカッタ日記は下からどうぞ↓↓
重くても…?カルカッタ!!!!
http://angellatomato.com/post-20130829233.html

ではシャンティニケタンで
シャンティに寝ます。
おやすみなさいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です