インドdeご飯。

インド独立記念日のハプニングと奇跡

1日1日が誰かの記念日
8月15日ってのは
日本だけじゃない
世界中でいろんなことがあった
大きな節目で
それぞれの思いが集中する日

ナポレオンの誕生日。
与謝野晶子さんの乱れ髪が発刊した日。
日本は戦争に負けた日。
アメリカが戦争に勝った日。
ジュディーガーランドのオズの魔法使いがハリウッドプレミア上映された日。
アメリカでのニクソンショック。
インドはイギリスからの独立記念日。
ペルーの大地震。

今日は友人・Mr.イランとMGロードへ。

(写真もあるのですが
ネット回線が悪くて出来ないので
明日またアップデートします。)
*Aug16、2013/写真を更新しました☆

ブリゲードロードでインドの旗を彩った車の車体に
若者たちがメッセージをペンで書いていました。
多分独立記念日のイベントだったようですが
何のキャンペーンだったかはわかりませんでした↓↓
すんません。

photo:01

その後、家が恋しいMr.イランにつきあって
アラブ料理を食し、

photo:03
photo:04
photo:02

アヒルに餌をやり、

photo:05

イランのチョコとお茶を頂き、

photo:06

で送ってもらっていたところ。。。

家から10キロの場所で車が故障。

外は真っ暗、小雨の中、大通りで車が立ち往生してしまった。

何度トライしても、車は一向に言うことを聞かない。
とりあえず、左の路地にそれたら坂道があったので
下る力を借りてトライしようと左折したが

沈没。

汚い路地の路肩で
車は止まった。

私たちが車のボンネットを開けて
人間の臓器みたいに入り組んだ
車のおなかの中をみて呆然としていたところ、
インド人が近づいてきた。

『すみません、ここはモスクの入り口なので車をどけてください。』

丁寧な男性でした。

あんこ『Ok, I’m sorry,でも車が動かなくなっちゃって困ってるの。
押すの手伝ってもらっていいかしら?』

その方は快く一緒にそのおんぼろ車を動かしてくれた。
そして動かし終わると途方に暮れる哀れな外国人をみて

『助けがいりますね?ちょっと呼んできてあげますから、待っててください。』

そういってその場を離れていった。

こんなふうに丁寧に言われている様な錯覚に陥るお話の仕方でした。
いつもはあんなにいらいらする
植民地の名残の強く残った、命令形のインド英語が
最悪な状況の中にもかかわらず
最高の待遇をうけてるような
なんだか不思議な気分に包まれた。

とにかく、そのとき、不思議な気分だった。

Mr.イランとあんこ。
もう仕方ないから
車を置いて帰って朝取りにこようと言う話にまとまり、

車のドアを閉めて立ち去ろうとしたところ

整備員だというおじさんが
とぼとぼ登場し
2人のあいだに割って入ってきた。

笑いも、せず、
専門家の目で車の中をみる。
お医者さんや。

そして一本、エンジンの奥にあるプラグをいじった。

『エンジンかけてみ~』

とおじさん。

Mr.イランがあきらめ加減でエンジンをかけた。


動いた。

おじさんは丁寧にテープを巻いて
不接触を起こしていた部分を補強してくれた。

車が動くのを確かめると
おじさんは男どもがたむろすお茶屋の中に消えていった。

私は思わず、

100ルピー札を握っておじさんを追いかけた。

おじさんは外人の女子に話しかけられたからか、
驚いてひっくり返りそうになっていたが

要らないといって受け取ってくれない。

おじさんに無理矢理お渡しして、
ありがとうございますといって
私はMr.イランの助手席に乗り込んだ。

彼が車を動かした瞬間、

モスクで夜のお祈りが始まった。

あのとき
あそこで曲がらなかったら
モスクの前で止まらなかったら
もしあの人が、ここに止めないでと注意してくれなかったら

アッラーが助けてくれたんだよ。
たまにはお祈りしいや。(→あくまでMr.イランに押しつけw)

Mr.イラン、

『なんで最近ちょっとさぼり気味なのわかったの?????

あんこ
『毎日お祈りしてたらこんな偶然にお祈りが聞ける時間にモスクの前にこないよ。』

Mr.イラン
『せやなあ。。。』
そういって、ちょっと気まずそうにうつむいた。

私はまた、何か目に見えないものに助けていただいたようです。

お守りいただいて、本当にありがとうございます。
世界人類がみんな平和でありますように。

ブログランキング参加しています。
↓↓


にほんブログ村

6 thoughts on “インド独立記念日のハプニングと奇跡”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >あー(アイコ)さん
    こんにちは!
    いや、私も感動しました
    (インドだけどw)
    いつもいい心で、いい事を受け入れる体制で居ないといけないなと昨日の出来事で学ばされました。
    Mr.イランにはしっかり祈りをささげてもらおうと思いますw

  2. SECRET: 0
    PASS:
    もうMr.イランが出てくると気になって仕方ありません。しかしアヒルにエサって、飼ってるのでしょうか。
    私もよくモスクの近くのエリアでレストランの料金をおじさんが払って行ってしまったり、タクシー代いらないとかありました。
    Mr.イランのおかげで感動的な場面に遭遇しましたね!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >poopooさん
    こんにちは!このMr.イランが結構ぼけぼけで面白いんですよ。
    彼は友人のアヒルを世話しています。(アヒルの名前ががーがーって言うんですけど呼ぶ時にが~~~がらが~~~~♪ってよぶんです。っしたらげこげこ出てくるんですよ。wコンとですよ、コント。今度ムービーとっておきますw)
    日本ではあまりムスリムの事を勉強しないですし、テロや激しい国勢状態のニュースからマイナスなイメージを持ってる人がほとんどだと思います。
    ドバイ在住でブログをよく覗いて下さる方もおっしゃっていましたが、ムスリムの方って紳士で気のいい人がおおいですよね。
    (Mr.イランは結構けちですけど)
    Mr.イランには私にかわってしっかり祈ってもらっておきます。(←やっぱり人任せ)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    あんこさん、もうおかしくて笑い過ぎさせられてます♪
    インド人のモスリムの方々は、特にいい人が多くて、そして、シャイで控えめな印象を受けます。ドバイの会社にも、うちのデリーの会社にも紳士なモスラムの男性がいます。
    今回の出来事、*God always with you* という言葉か浮かびました。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >wakuwakududaiさん
    こんにちは~!
    今日は真面目に書いたつもりだったんですが
    笑えましたか?アヒルらへんですか笑?
    wakuwakuさんがぴったりの言葉を選んでくださいました、そうそう、シャイなんですよね。
    うちの会社のドライバーさんも私が大好きな方はいつもムスリムです。(多分あの”ギリシャ彫刻のような”御顔立ちも好みなんだと思いますw)
    Mr.イランはあまり宗教に真剣じゃないのでな~~んとも思ってないと思いますが、ああ~、よばれたんかな~~~と私は感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です