Something Funny Story, Trip, インドdeご飯。

【前編】今まで書けなかった、インド・ゴアでの危機一髪?!な出来事。

あんこもちょっと
危機一髪
なことが

ゴアであったとお伝えしましたら
たくさんの読者の方から心配の声を頂きました。
ありがとうございます。
お蔭様で五体満足、元気ですw

 

本当は書かないつもりだったのですが

マイナスの事もシェアして

誰かのプラスになることもあるので

ちょっと書き残しておきます。

 



ゴアでの最終日、
平和なUtordaからワイルドなCalanguteへ移動。
それまで
客引きやなんぱにしゃべりかけられても

無視。(これ結構難しいんですよ。)

見られても

無視。w

ふらり☆ひとり(ぼっち)旅で

ふにゃふにゃと楽しんでおりました。

ホテルをチェックアウト後、
飛行機の時間まで6時間くらいあったので、
とりあえず真っ昼間から近くの大手マッサージチェーン店へ。w
(なんと言う怠け者w)

この事がなければ、店内もきれいで
英語も上手、なかなかお勧めなタイマッサージ店だったので
紹介したかったのですが、ここのスタッフさんに関わる事なので

伏せておきますね。

インドのマッサージ店では
北のミャンマー国境の州から派遣された
私たちと似た顔立ちのモンゴロイド系のインド人が働いています。
(そう、アジア人がおのインド人もいるんです!)

 

背は小さくて小柄なんですけど

女性も男性も肉厚のある、
マッサージ向きの手を持っています。
ゴアに来て驚いたのが、
どこのマッサージ店へ入っても異性のマッサージ師をつけるんですね。
これはUtordaでもそうでした。

(ホテルのスパなどは違うかも。施術前に確認される事をおススメします。)

 

『普通の』マッサージをしてもらって

次どこ行くの?え、今日帰るの?ご飯食べた?んじゃ一緒に食べる?


職場の身元も分かってたし
昼間だしw
人いるし。
最終日ぐらい自分の絶対零度な
脱してみるかとで、ご飯を食べにいったんですよ。

夕方空港まで送ってくれる~って事になって
ゴアでの交通費は結構高くつくので(空港まで平均800ルピー)
えー、いいの?と。

馬鹿な女だと思うでしょう。
こうみえて普段、あんこは結構用心深いんですが
この南国雰囲気というものは大変危険なもので。

後編に続く…

 

1 thought on “【前編】今まで書けなかった、インド・ゴアでの危機一髪?!な出来事。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です