【FRRO情報】バンガロール

FRRO ( Foreign Regional Registration Office) とは
インドで生活する外国人の生活から決して切り離すことができない。

外国人登録やビザの更新をするところで
そういう役所ってインドに限らず面倒なものですが
あんこは初めてきたときに口に出していってしまいました。

もう2度ときたくない、とw

試しにググってみました。

FRROで引っかかったワード♪

”既に書くことすら億劫
”びっくりハプニング
”Visa 更新なんて大嫌いだ”
”FRROとの戦い

爆笑

こんな感じで格闘しているのは私だけではないようです。

初めてさんのためにここで流れをシェアしておきたいと思います☆

バンガロールFRRO (インドラナガー)

1: 8時30分ニオープン、速攻1階でトークンをもらう。
このトークンは各窓口の何番目と振り分けされます。
例:C3だと、Cカウンターで対応予定の3番目の方ということになる。

2:9時30分にやっとトークン番号読み上げ開始。
A1 などの読み上げではなく、1番とかといわれるので
各窓口の1番が集合する。
電光掲示板下のカウンターで書類をチェック
そして2階へ

3:自分のトークンが呼ばれるまでまつ。
中はこんな感じ。

4:書類確認が終わると書類を何時に受け取るか時間を教えてくれます。

5:それまで近くのカフェでお茶をしましょう。
Matteo coffee 
2013年1月新オープン。
なかなかメルヘン。
インドラナガー地下鉄の駅近く。
FRRO をでて左に歩いていくと交差点の右斜め前にドドーンとあります。
徒歩およそ10分。
オムレツなどの朝ご飯あり。

6:時間に戻ってきたらさっさと2階へ。
そこでここがみそ。
トークン番号はよばれません。
誰がカウンターに座ってようがおかまいなく割り込んでいって受け取りにきたといいましょう。
すると出来上がった外国人登録(A4)にサインをするように指示されますので従ってください。

私はラッキーなことに会社がエージェントさんにお願いして
いつもスムーズにいきますが
それにしても全く優しくない、英語もろくにしゃべれない横柄な態度のオフィサーとやり取りするのは
めちゃいらつくもので。。。。

あんこも今回、ビザのページのコピーがないとかいわれて。
よく探したらむこうの見落としで
ちょーーーちっさいこえで

I’m sorry 

ゆうてたけど
あのビザないっていったときの
ドヤ顔。

ほらさがしたで~~~!!書類の不備!!!
見たいな。

ほんまに一瞬で血がのぼってもた、、、

ちょっとでもこの情報でみなさんの安心に繋がればうれしいです。

とにかく

めんどくさいですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です