【そしてインド編】みんなが知りたい”なんでここに辿り着いたか”の話

 

シンガポールで精神的なストレスを伴う仕事に給仕し,

その中でもがいていた私

そこで何も考えずにストレス発散できたのが

ホットヨガ!!

 

会社の先輩が誘ってくださり、

二人で回数を競って行ったモノでした。。。遠い目

怪獣モノグサーの私は何も考えずに

機械的に

毎日ヨガのスタジオにいってました

とりあえず会社が

いやでいやで。

人は良かったんです。上司も含めて。

ただ、会社対お客様のお仕事で

会社がいい加減やと

ホンマにめんどくさい事で罵声を浴びさせられたり

全く知らない人に全人格を否定されるような事をいわれる。

その上、対応にかかった時間、

一定時間内に何名対応したか数字の上で管理されて

常に勤務後は爆発でした。

家に帰ったら寝るだけ。

友達と出かけようと言う気にもなれず。。。

しかもシンガポールにはあんまりあんこ好みの男の子がおらず

嗚呼,何でシンガポールにきたんやったっけ?

あ、そやそや(バンコク編を参照)と思う訳で。

それでもなんか不幸せで

アンハッピーと言う言葉を使う事が

どんなに惨めか。。。。

そしてそのシチュエーションから抜け出せない自分。

自分が人生において何をしたいのか

追い求めて

でも答えは出なくて

ストレスでそんなこと考える余裕もなく、

そのため会社をやめる目処もつかず、

とりあえずひたすらヨガをしてました。

鏡に映る自分を睨みつけて

ポーズをとって静止する

自分の納得しない全ての毒を

ホットヨガの汗で

流していました

そんなある日、

毎日行くもんだからヨガの先生が私の顔を覚えてくれて。

ヨガの先生に

あなた、むいてるわよ、ヨガ.

とかいわれちゃう訳です.(マジで)

3週間しかやってないのに。

先生トレーニングクラス説明会とかにご招待されちゃう訳です。(本当にマジ)

んでタダでDVDとか貰っちゃうんです(ラッキー)

おタカ~~~イ講座で(あ~、セールスで誘わなあかんかったんやな)とか思いつつ

それでも

”やってみたい”

と思った訳です。

あんこは人に物を教えるのはあまり好きではありません。

差し出がましいやんw自分は完璧じゃないのに。

だから大学で中途半端な志は良くないとおもって

教職もとらへんかった。

(今覚えばとっとけば良かったw)

不安もあったよ。

世の中凄い人なんかいっぱいいるのに

私なんかが出来る訳ないんじゃないかって。

そして去る2011年12月。

事件は起こった。

ついに職場でぷっつん。< /p>

帰宅後速攻、

インド行きの航空券

見つけたヨガ講座

ビザを取得し、退職を決意。

ドキドキしながら綿密に計画をくみ。

1月2日に           すぱっっっっtぅtぅっxt!

と退職届を提出し、

1月下旬にはそそくさとインドへの旅に出たのです。

ここで1ヶ月アシュラム生活で修行。

ベジタリアン生活でしかも自分の服も手で洗濯して

毎日瞑想して。

そんな中。

なんかに誘われるように、思っちゃったのです。

インドもいいな、次。

 

もっとヨガの勉強したい。

その3日後、

インドにて仕事をしている友達からメールが。

彼のオフィスで日本人を募集してて、

しかも待遇がめちゃめちゃいい。

出張者手配が多いので旅行会社経験者が好ましいとの事。

そしてその土地には

私の勉強したい笑いのヨガの総本山がアルではないか?!

この勝負貰った~~~~~!!!

かなりタイトな帰りの航空券を

回線の悪い電話を使ってなんとか手配を変え、

サリー以外の服を見かけないインドのど田舎で

必死に面接に行けそうな服を探して

たどり着いたはバンガロール

インドのシリコンバレーw

そんなこんなで今はインドにいる訳です。

なんかインドって

まだまだ私が思っていた以上に発展途上国で

サービスも人権も話し方まで

いらっ~とすることのほうが多いんですけど

なんだかんだ神様を信じてるので

話をすればなにかとリスペクトがあってかわいいんですよね。

日々様々な壁にぶち当たりながら

楽しんでるあんこ。

これからもよろしくお願いします。

写真は屋台の後ろからw

白い後ろ姿は屋台のおっちゃんw< /p>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です