【バンコク編】みんなが知りたい”なんでここに辿り着いたか”の話

 

それは大学3回生。

なんとなくしなきゃいけない雰囲気の就職活動。

両親に大学まで出させてもらって

ここでぷーぷーするわけには示しがつかない。

責任感で行った就職活動。

今まで要領よく生きてきたのですが

ここに来て私は人生の壁にぶち当たったのですw

自分が何をしたいのか、わからない。

今まで期待されてきた重圧も感じつつ。

好きなことはたくさんあったよ。

でも自分が”仕事”として何がしたいのか

検討もつかなかった。

内定をもらったうち、外資系のアクセサリー屋さんに就職。

何のポジションだったかも覚えていません。

でも小売なのでまずは販売員からのステップ。

接客は好きよ。人にありがとうといわれるのも好き。

やれといわれればきっちりやるし、

私に”できる”仕事。

だけど私”でないと”できる仕事ではなかった。

結局3ヵ月後、退職。

家と職場を行き来して

学生気分が抜けてないだの、

そんなに人生甘くないだの、

新卒への決まり文句に飽き飽きして。

そういう言葉が学生を社会人にしないんじゃないの?

退職後、ホテルでのアルバイトと語学学校の受付を掛け持ちして

とりあえず時間とか微妙な責任に付きまとわれない生活を送りました。

いい職場環境だし、ストレスフリーで。

せやけど、このままじゃだめなの。

ここで満足しちゃいけない。

そんななかでもがいてました。

では私は仕事をする上でどんな要素が必要なんだろう?

今までは職業ばかりで検索していましたが

どうすれば私はちゃんと

フルタイムの仕事に就けるのかを考えたのです。

そのときに出た答えは

私は世界で働きたい。

なんや、夢物語やろ、この外国かぶれが。

と、お思いになる方もいるかもわかりませんが

あんこは幼きころから

ぱぱんについて外国につれってってもらって

そんでもってひょんなことからロシアに住むことになり

オーストラリアに行ったり、アメリカにいったり

私の暮らしは日本じゃなくて”地球上”であったのです。

そんなこと随分前からわかっていたのに

自身がなかったのです。

私は無理やと。

だって仕事の経験なかったもん。

私いい奴やし責任感も強いけど

それだけでは就職できへんかった。

せやけどね、語学学校で勤めたときに

そこの先生たちを見て気づいてん。

この人ら、みんな日本が好きで

日本で仕事探して日本にすんでるやん。

私やってやろうと思えば海外で仕事ができる。

つかめるのに手を伸ばしてないのは私自身や!

そんなこんなで、

本当はアメリカへ行きたかったのですが

就労ビザなんて到底降りない。

じゃあアジアあたりで

 

英語がそこそこしゃべれたら重宝してもらえるとこに行こう!

で、うちの兄弟がタイで高校に行っていたので

んじゃ私もバンコク好きやし、バンコク行こう!となったわけです。

バンコクでは旅行会社に勤めていました。

この後シンガポールにいくことになるのですが

理由は赤シャツ騒動に巻き込まれ

リアル九死に一生を経験したからです。

当時の様子。

家の周り

ぱらりら~

なんかみんなうきうきしてるんですよね

2010年5月セントラルワールド放火(ニュースから)

セントラルワールド鎮火後

サイアムスクエア(鎮火後)

銃弾の跡

(結構タフなのでちょっとやそっとでは

動じないたちなんですよ。ロシアでもテロありましたし。

よっぽどだったことをご想像下さいw)

道路で人が寝起きしてるし、シャワー浴びてるし

オフィスクローズするし

外出禁止令とかでて

ピザも配達してくれなくなるし。

挙句に私の家の周りも包囲され…。

忘れもしない3年前の誕生日でした。

オフィスクローズのため念願の長期休暇でしたが

ずっと避難していました。。。ちーん

そしてシンガポールへ行き、

インドに辿り着くことになるのですが

小出しにすることにしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です